チャンピックスで禁煙宣言

チャンピックスで禁煙宣言

喫煙環境からの冷遇

日本では、年々喫煙者への風当たりが厳しくなっている傾向があります。
役所や図書館、公園や道路などの公共施設はもちろんのこと、飲食店や娯楽施設などでも全面的に禁煙になっていたり、隅っこの一部のみ喫煙可というところが増えています。

何故ここ数年で喫煙者への風当たりがこんなにも強くなったかというと、きっかけとしては日本のみならずWHO(世界保健機関)による『タバコ規制枠組み条約』が多くの国において批准されて、成立した影響が大きいと言われています。
日本人は、一度そういう流れができ上がるとその方向性に向かって進んでいく、一体感のようなものが生まれるといった性質もあり、禁煙を意識する人が日々増えていることで、喫煙者への風当たりは強まっていきます。

単純に喫煙者よりも非喫煙者、嫌煙家の割合が多くなっただけでは、ここまで風当たりが強くなることはなく、健康被害がさらに関係してきます。

日本におけるガンによる死亡率は年々増加傾向で、非喫煙者に比べて喫煙者がガンになる可能性は4倍~5倍と言われています。
ところが、喫煙者よりも喫煙者の周りにいて、副流煙を無意識のうちに吸い込んでいる人の方が、体にとって悪影響を及ぼしていることが様々な研究から分かっています。

非喫煙者が副流煙を吸い込んでしまうことを受動喫煙といい、フィルターを通していない煙を吸ってしまう分、体に対して悪影響を及ぼす有害物質をそのまま吸い込んでしまうため、50種類以上の発がん性物質をそのまま体内に吸収してしまうことになります。
そういったことからも、自分の家族やパートナーを守るという意味で、禁煙を促進する運動や喫煙者を減らそうとする動きに積極的に参加する人もとても増えています。

そうした中で、一番頭を悩ませたのはサービス業の経営者だと言われています。
分かりやすい例で言えば、パチンコ店や居酒屋がとても分かりやすく、パチンコ店や居酒屋に来店するお客さんの大半は、パチンコとタバコはセット、お酒とタバコはセットと考える人がとても多いことから、お店を禁煙にしてしまうとそういったお客さんが来なくなり経営が成り立たないといった状態になってしまうため、苦肉の策として分煙という形を取らざる負えなくなっています。

今後、喫煙者の減少に伴い公共施設においては、ますます厳しくなり公共の喫煙所はすべて排除され、屋外での喫煙は一切禁止となる可能性も決して低くはありません。

コンテンツ

チャンピックスの効果・副作用・服用法
チャンピックスの効果・副作用・服用法
チャンピックスは、簡易的な禁煙グッズ禁煙本、セ…
タバコの有毒性
タバコによる被害や依存
タバコは昔から「百害あって一利なし」と言われ…
ニコチン依存のメカニズム
ニコチンの仕組みや禁断症状
タバコを吸う方なら誰でも一度は禁煙に挑戦した…
merit2
禁煙によるメリット
煙草には、ニコチンが含まれているため、常用して…
effect
種類・特徴|ニコチンガム|禁煙パイプ
2008年にチャンピックスが登場し、注目されるまで…
チャンピックスの購入方法
購入方法|海外通販・病院処方
チャンピックスの入手方法は、禁煙外来などを受診…
成功者たちの体験談
成功者たちの体験談
56歳女性 タバコを吸い続けて35年ほどになります…
喫煙環境からの冷遇
喫煙環境やタバコへの規制
日本では、年々喫煙者への風当たりが厳しくなって…